インフルエンザとはどんな病気?

ンフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症です。日本では毎年11月〜4月に流行します。

インフルエンザの感染経路は飛沫感染がほとんどで、インフルエンザ患者のくしゃみや咳からインフルエンザウイルスが飛び散り、そのウイルスをとりこんだ人が新たな感染者となります。

インフルエンザに感染すると、急激に38度以上の発熱と悪寒・頭痛・関節痛・倦怠感などの全身症状、咳、痰(たん)、呼吸困難、腹痛・下痢といった胃腸症状があります。

通常であれば、一週間ほどで症状が落ち着き、治癒します。

ですが、高齢の方、妊娠中の方、乳幼児がインフルエンザにかかると、気管支炎や肺炎などを併発し、最悪の場合死に至ることもあります。

そのようなインフルエンザウイルスですが、これにはA型、B型、それに新型の3つのタイプが存在します

インフルエンザA型

A型は現在流行の中心となっており、症状が重篤となりがちで、死に至ることすらあります。

A型は感染力が強いので、大流行(パンデミック)を起こしやすく、過去にはスベインかぜや香港かぜなどのA型インフルエンザが世界的に流行して多くの死者が出ました。

インフルエンザB型

B型は、熱があまり出ず、症状が長く続きやすい特徴が有ります。A型と違い劇的な症状が見られにくいので、B型にかかっているのに風邪と思い気付かないケースが多くあります。

インフルエンザ新型

新型は、毎年世界中で流行している季節性インフルエンザとは抗原性が大きく異なるインフルエンザウイルスです。

季節性のインフルエンザに対しては人々は免疫を持っている為感染しにくく、もし感染をしたとしても比較的症状は穏やかになります。

しかし、新型のインフルエンザに対しては全ての人が免疫を持っておらず、また特効薬もすぐにはできない為一度感染が起こると爆発的な流行を起こし、多くの人が発症し、また死に至るなど症状も強くでます。

最近予防策としては抗菌作用が強力なマヌカハニー400などで日頃の対策をすることが話題を呼んでいます

過去の新型インフルエンザとしては、1918年のスペインインフルエンザ、1957年のアジアインフルエンザ、1968年の香港インフルエンザ、2009のインフルエンザH1N1があります。

新型インフルエンザは一度大流行を起こした後、多くの人が免疫を獲得するにつれ、季節性インフルエンザになっていきます。現在では、2009年に流行したインフルエンザH1N1も季節性インフルエンザとして扱われています。



TOP PAGE